髭への自毛植毛が可能な福岡のクリニック

髭への自毛植毛が可能な福岡のクリニック

髭への自毛植毛はできる?効果はある?

自毛植毛は頭皮だけではなく髭へと行うこともでき、男性から人気を得ています。

「髭を生やしたい」「髭を濃くして男らしくしたい」と考えていても、生まれつき薄い人が生やすのは難しいのです。

筋トレをしたり睡眠をとったりして男性ホルモンの分泌量を増やす
髭専用の育毛剤(ミクロゲンパスタ)を塗布する
フェイスマッサージをして髭周辺の血行を良くして栄養素を行き渡らせる
お湯と冷水で洗顔を行って物理的な刺激を加える

こういった方法で濃く太くできると言われていますが、確実に効果の出る方法ではありません。

その点、自毛植毛であれば頭皮に生えている髪の毛を髭へと移植する形となり、密度を濃くしたり形を変えたりと個人の希望に合わせてデザインできます。

あご髭や口髭を生やすファッションを自分も取り入れてみたい
海外の男性のようにクールな渋さを出したい
髭を伸ばして口周りの傷跡をカモフラージュしたい

上記の悩みを抱えている男性に自毛植毛はピッタリです。

髭への自毛植毛が可能な福岡の代表的なクリニックは?

髭への自毛植毛が可能な福岡の代表的なクリニックはAGAルネッサンスクリニックで、頭皮と同じように処置を施せると専門医の長井正寿先生のブログで記載されていました。

メスを使わないFUE法の自毛植毛が取り入れられてからというもの、体毛移植も海外を中心に行われています。

頭皮の後頭部からドナーを採取し、髭へと植え付けて濃くしたり伸ばしたりとデザインを整えることが現在の医療技術では可能です。

遺伝によって髭が薄い状態を変えるのは難しいので、AGAルネッサンスクリニック福岡院で相談してみてはいかがでしょうか。

しかし、頭皮から頭皮へと移植する自毛植毛とは異なり、髭への移植には幾つかの注意点があります。

顎が生えている部分は敏感なので麻酔が切れた後に強烈な痛みで悩まされやすい
ヘアサイクルには違いがあるので小まめにお手入れをしなければならない
元々生えていた場所の性質を引き継ぐので髪の毛のように伸び続ける
毛の流れにはバリエーションが多いので高度なテクニックが必要

「理想のデザインを維持するために小まめなお手入れが必要」「高度なテクニックが必要」という2点が重要なポイントです。

個人の肌質や体質によっては髭への自毛植毛が受けられないこともありますし、頭皮への移植と比べると積極的に行われていません。

そのため、手術を受けられるのかどうかは担当の医師へと相談してみてください。

コメントを残す